心理カウンセラーを目指す方に朗報|憧れの存在になるには

医者と看護師

リハビリ専門職で社会貢献

女性

理学療法士はリハビリテーション専門職の1つで、その資格は国家資格となっています。原則3年以上の専門学習期間を経ることで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は平均すると80パーセント程度です。

View Detail

手技のスペシャリストに

男の人

あん摩マッサージ指圧師になるには専門学校か専門コースの有る大学に行き、その後国家試験を受けます。あん摩マッサージ指圧師と同時に鍼灸師の資格も取得できる専門学校もあり、今はそちらに通う人も多いです。費用などいくつか比較して選ぶと良いでしょう。

View Detail

一生涯に渡り役立てられる

女の人

心理学に関わる資格はいくつか存在します。これらは悩みを抱えた人の支えになる職に就く時に求められるものですが、注意点としては種類によっては受験のための条件がある事です。心理学の資格に人気がある理由としては年齢制限が無い事と生涯にわたって役立てられる事が挙げられます。

View Detail

社会福祉に基づく職

レディ

職に就いたときの注意点

心理カウンセラーになるにはいくつもの注意点があります。その中でも見落とされがちなものが、秘密保持の義務です。心理カウンセラーは、診察に来る患者から聞いた情報を外に漏らすことがあってはなりません。それは、その患者の身の回りだけではなく、自分の周りも同様です。たとえば家族に対して「今日こういう患者さんが来て・・・」といった相談も、その患者の秘密保持の義務を逸脱してしまうため、してはいけないことです。心理カウンセラーになるには、まず他言無用の言葉を叩き込む必要があります。患者さんが安心して事情を話すようになるには、心理カウンセラーと患者の信頼関係は必須とも言えるでしょう。その間柄になるには、決して外に漏らすようなことはしないという、安心感をもってもらう必要があります。

それでも人気職な理由

上記のように、自分ひとりで抱え込み考えこんでしまうこともある職ですが、それでも心理カウンセラーという職は人気職です。心理カウンセラーとは、患者となる人間の心の悩みを聞きだし、安心してもらうためにその人に寄り添う職といえるでしょう。社会福祉の仕事ですので、福祉の精神に溢れた人には適した職だと思います。ともに寄り添い、話を重ねていく中で徐々に信頼感も生まれていきますし、患者さんも心理カウンセラーの態度しだいで心を開いてくれます。問題根本の解決に至らなくても、その患者さんが笑顔を見せてくれたり、診察を少し楽しみに待っていてくれたり、そういった心の動きが感じられるだけでもかなりのやりがいを感じられる職であることは間違いないでしょう。心理カウンセラーになるためには資格も必要となります。資格を取得しようと独学で勉強する人も多いですが、きちんと学びたいという人は専門学校がおすすめです。専門学校では、プロの講師に教えてもらえるため確実に資格取得に向けたスキルが身につきます。